Blog

日田杉のこと

 

 

JR日田駅は、日田杉をふんだんに使った駅舎に改装されていました。木の国に来たな、という雰囲気が漂います。日田杉は、表面がかたいため害虫や湿気による被害を受けにくく、その木目は細かく赤身の部分が多いのが特徴です。この濃くて艶のある赤みが魅力で、都会のマンションのリニューアルや、家具や小物雑貨の製作などに好まれると聞いていた通り…….駅から始まり、店先の意匠、生活道具や雑貨などにも杉がさりげなく使われている、そんな風景をたくさん目にしました。

 

古い町並みが残る豆田町を散策すると、そこには日田の伝統工芸品である杉下駄のお店がありました。暮らしとともにあった日田杉の歴史と香り。名物の日田焼そばのお店では、おカミさんの日田愛あふれるお話を聞き、「日田はいい所ですよ、また来てくださいね!」の言葉に見送られ、おみやげに採れたての山菜までいただきました。

 

 

 

 

 

江戸時代末期ころ、大分県の日田(ひた)の山奥で育った木は筑後川を流れて、有明海沿いの福岡県大川(おおかわ)まで運ばれていました。大川が家具の町となった背景はここにあります。例えば小中学校の机や椅子を思い浮かべてください。その多くはこの道を辿って、私たちの暮らしと繋がったのです。良い木が育つところには当然、良い水があります。日田天領水は、日田が徳川幕府の天領(直轄領)であったことに由来しています。当然ながらビール工場もあます。温泉もあって今では、海外からの観光客にも人気スポットとなっています。

 

九州は杉の一大産地とも言える杉の宝庫です。大分の日田杉、熊本の小国杉、宮崎の飫肥(おび)杉、鹿児島(屋久島)の縄文杉……… 杉があるところにはきれいな水があり、おいしいお酒、米、野菜があり、そこに長く生きる人たちの暮らしの流儀があると思います。日本の固有種 クリプトメリア・ジャポニカはそうして脈々と人とともに続いて来たのです。杉のアロマで日々の暮らしを健やかに……… 心も身体もきれいに健康になりましょうね!

 

日田杉についての詳細は、「日田木材共同組合」のホームページをご覧下さい。